実績や企業体力でサブリース会社を選定【面倒省く最新ファイナンス】

コンサル

小額から始めやすい

マンション

少額で大きな取引が可能

投資物件で利用するアパートを購入する際、その商品自体を担保にして金融機関から資金を借り入れることができます。ローンを活用することでさらに少額の自己資金でアパートを購入することができ、少ない投資で高い利回りを得るので、レバリッジを効かせることができます。また、アパートなどの投資物件を利用した不動産経営は税金の種類が豊富です。しかし、現金資産と比較すると不動産経営は納める税金の額を少なくすることが可能です。不動産は相続や贈与の場合、時価ではなく固定資産台帳などから算出した課税になるからです。税金を抑え、家賃収入を得ることもできるのは投資物件ならではのメリットになります。投資物件を利用して不動産経営することによって、賃料収入で長期的に安定した資産形成を行うことができます。

売買が増加する傾向にある

投資物件などのアパートは2015年の相続税の増税により売買が増加する傾向にあります。売りの場合、相続税対策として生前贈与などの例もありますが、遺産分割や納税資金のねん出によって売りが増えてきています。また、買いの場合は相続による納税資金の確保や遺産分割の理由で安くアパートなどが販売されている場合があります。売却しなければならない理由、期間があるので買いやすい価格になっているのです。しかし、価格動向はエリアや物件によって異なります。消費税率アップの2017年4月まではほとんどの業者が低金利です。取引価格の水準が大きく上がることもそれまでは少ないので今はアパートなどの投資物件が購入しやすい環境となります。