実績や企業体力でサブリース会社を選定【面倒省く最新ファイナンス】

不動産

何故、アメリカなのか

PC

アメリカ不動産投資は英語が出来ないと言うのが関係ない投資です。サポート面も充実しており、信頼のおける企業やパートナーを味方につける事も大事です。何の知識もないままと言うのは危険であり、やる気を持って売却の動向をチェックする事も大切です。

希少価値のある資産です

マンション

不動産投資をするのであれば、東京にある中古の投資マンションを選びましょう。東京はこれからも人口が増えていく一方で、ワンルームマンションの建築には規制がかけられており、賃貸の需給がひっ迫してくる可能性があります。

契約する会社を吟味する

不動産

管理能力を重視する

優良なサブリース会社と契約をできれば家賃収入もさらに安定化します。そのためには最初の会社探しで工夫を凝らすことも大事です。特に重視したいのが、調査・分析の能力を十分有しているかです。この能力が高いほど、家賃相場の分析や賃料設定も適切にできますから、入居者の確保も望めます。事業計画や収支予測案も現実に沿った提案ができる会社を探すことです。そのために会社の実績や企業体力を調べてからサブリース会社を選定する工夫が有効です。そしてもう1つ重視したいのが、管理能力です。サブリースのメリットの1つは、面倒な賃貸経営に関わる管理を全て任せることができる点です。少しでも賃貸管理で楽ができるように、管理能力に関して評判の良いサブリース会社を選びたいところです。

賃料免責期間を意識する

賃料免責期間は多くのサブリース会社が採用しています。会社がオーナーに対して賃料を支払わないで済む期間が、賃料免責期間です。近年よく聞かれるフリーレントがこれにあたります。この賃料免責期間は、入居者を集めるために賃料を最初の数ヶ月は設定しません。そのため当然オーナーはその期間は賃料収入を得られないことになるため注意が必要です。空室のリスクに対する、サブリース会社側の対策の1つがこの賃料免責期間なのです。しかしサブリース会社によっては、かなり長めの期間、賃料免責期間を設けることもあります。期間が長いほど、オーナーにとっては賃料収入の機会が失われるので、空き室対策の効果を見極めつつ、サブリース会社と連携して賃料免責期間について考えていく必要があります。

小額から始めやすい

マンション

アパートなどの投資物件はローンを利用すれば少額の投資でも購入できる。2017年の消費税率アップまでは低金利の不動産業者が多いので、価格動向を見れば今はアパートなどの投資物件を購入する環境が整っている状態です。